仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

仮想通貨ALIS(アリス)とは?将来性を考えるときに見るべきところ

adult 1867751 1920 1024x683 - 仮想通貨ALIS(アリス)とは?将来性を考えるときに見るべきところ

日本発のソーシャルメディアプラットフォーム『ALIS(アリス)』は、ブロックチェーンを活用し、良質な記事が発掘される仕組みを作ろうとしています。

ALISの情報や今後の将来性についての私の考えなどをまとめました。投資をするときの参考にしてください。

ALIS(アリス)とは?

ALIS(アリス)は、ブロックチェーン技術を用いたソーシャルメディアプラットフォームをつくるプロジェクトです。

2017年9月には、独自トークン『ALICE』でICOして、合計約13,000ETHの投資を受けています。

現在は、CoinExchangeなどの海外取引所で購入可能です。国内取引所でビットコインなどを購入し、送金することで取引可能です。

ALISは信頼性の高い情報・人に素早く出会え、 誰もが報酬を得ることができるソーシャルメディアプラットフォームです。

私たちは類似サービスのSTEEM(https://steem.io)が300億円以上の評価を得ていることに感銘をうけ、 より分かりやすい形のメディアを日本に作ることをミッションにしています。

従来のメディアにありがちな広告のためのコンテンツ、ステルスマーケティング、信頼性の低い情報に うんざりしている人々を解放することがALISの目的です。

ALIS公式HPより

サービスの特徴

1.良質な情報の発掘

価値あるコンテンツを投稿した人、そしてその投稿をいち早く評価した人にトークンが配布されます。

2.プラットフォーム価値の還元

ALISプラットフォームの評価が高まれば、トークンの価値も向上するので、ALISに積極的に利用し、貢献すれば、その還元を受けることができます。

3. 高信頼・低コストの両立

ブロックチェーン技術を基軸に据えることでデータの高信頼性と低コストの両方を実現し、ALISに貢献した人の報酬を最大化させます。

信頼できる記事と人々を明らかにする全く新しい報酬システム

価値のある記事を書いたと人と価値のある記事を見つけた人に正当な報酬が与えられることで、質の⾼い記事 や信頼できる個⼈に素早くリーチできることを実現しようとしています。

ですが、価値のある記事とは何なのでしょうか?

価値のある記事とはなんなのか?

ALISが目指すのは、『⼈々が価値があると思う記事 を多くの個⼈が⽣み出す・発⾒することを可能にする全く新しいソーシャルメディア』です。

ですが、価値のある情報とはなんなのでしょうか?

役に立つ記事なのか?面白い記事なのか?信頼性の高い記事なのか?

これは、記事を探す人や意図によって異なります。

グーグルが苦手なこと

検索エンジンは辞書みたいなものです。

明確な検索意図に対して、できる限る正確な答えを返すための記事。これが検索エンジンにとっての価値のある記事です。

これに関しては、グーグル以上に優れたシステムを構築するところは現れないと思ってます。

ただ一方で、「仕事の役に立つ記事読みたい」「生活が良くなる情報が知りたい」みたいな曖昧な要望に、Googleはうまく答えを提供できません。

そこで期待されてきたのがソーシャルメディアです。

Facebook、Twitter、はてブなどです。

ALISなら、従来のソーシャルメディアの欠点を解決できる可能性があります。

ソーシャルメディアは良質な記事をうまく提供できていない

『良質な記事をしっかり発掘できているか』という点において、グーグルに比べると、ソーシャルメディアはかなり劣っていると私は感じています。

ALISのビジョンには、こういったビジョンがあります。

ALIS トー クンという報酬をキードライバーとして、従来の広告やステルスマーケティングまがいの記事を排除し、 質の⾼い記事 や信頼できる個⼈に素早くリーチできることを実現する。

これ、ソーシャルメディアがもてはやされた時に言われたビジョンそのものですね。

ですが、実際は全然達成できていないビジョンです。

これには主な理由が2つあると思っています。

  1. シェアする側のメリットが少ない
  2. シェアされた側のメリットが少ない

1. シェアする側のメリットが少ない

SNSのシェアは、良い記事があったら伝えたくなるという気持ちで動いています。

ですが多くの人は、シェアすることはあっても、シェアをする最初の人になることはあまりないですよ。

Facebookで流れてきた記事には気軽にいいね!はすると思いますが、検索エンジンから見つけた記事に対して「いいね!」することは滅多にないのではないですよね?

はてブやTwitterも同じです。

記事がバズるかどうかは、いかにバズる軌道に載せられるかにかかっている。これはサイト運営者の全員が実感してるはずです。

シェアされない良質な記事は多い

良質だけど、バズる軌道に載らずにバズらない記事というのは沢山あるのです。SNSは良質な記事をかなり限定的にしか掬い上げられていません。

でも、例えば良質な記事に初期に「いいね!」した人には経済的なリターンを得られる仕組みがあったとしたら、状況は変わってくるはずです。

そして、ALISは初期にいいね!をした人にはより報酬が高くなる仕組みが実装予定です。

2. シェアされた側のメリットが少ない

そもそもですが、SNSでバズっても運営者のメリットは意外と少ないです。

メリットはPV(ページビュー)が増えることですが、PVが増えること自体には直接的なリターンはないです。

お小遣い程度にアドセンス収入が増えたり、グーグルで上位表示されやすくなるという間接的なメリットはありますが、良質な記事を書いて、バズらせるという労力に対してのリターンとしては割に合わないです。

最初からグーグルでの上位表示を意識した記事を書いた方がはるかに効率よくPVも得られますし、ASPアフィリエイト広告を貼ってPV単価を増やすことを考えた方が広告収入を得られます。

純粋に良い記事を書くことを考えれば良くなる

アフィリエイト広告以外でも良質な記事を書くことでPV単価(1PVごとの利益)が増やせるようになれば、運営者はアフィリエイトを意識するより、ただ純粋に良い記事を書くことだけ考えれば良くなります。

また、良質な記事を書くことでPV単価が増えれば、記事の質を低くしてまでSEO対策してPV数を増やすメリットも減少します。

それにPVについては、すでにグーグルが良質な記事を上位表示する精度はかなり上がってきてますからね。

ALISのビジョン実現によって良質な記事を書くこと、そして書き続けることでより大きなリターンが得られれば、良質な記事を書くモチベーションを促進できるはずです。

ALISで見るべきところはビジョンなのか?

『⼈々が価値があると思う記事 を多くの個⼈が⽣み出す・発⾒することを可能にする』、このビジョンに共感し、期待している人が多いです。

私も共感します。ですが、このビジョンを素晴らしいと感じた人は、ブロックチェーンが起こすイノベーションを軽視しすぎです。

ブロックチェーンが起こす革命とは、そういうものです。

ALISのビジョンは素晴らしいものではありません、これからの世界では誰もが持つべき普通のビジョンです。

2018年以降には、こういったビジョンを持ったプロジェクトはどんどん生まれてきますよ。

ですから、ALISに投資する上で見るべき点は、ビジョンではないと思いますね。

いいね!は投資の役割を持つようになる

現在のSNSでの『いいね!』はただのコミュニケーションでしかないですが、トークンエコノミーにおいては投資の役割も持つようになります。

受け手は時間などを投資してリターンを狙う、クリエイターは投資してもらうために良いものを生み出すわけです。

クリエイターは価値あるものを作ることを考えていればいい

トークンエコノミーが普及すると、才能あるクリエイター、ファンの多いクリエイターは、ただ価値あるものを作ることを考えていればよくなってきます。

価値あるものを生み出していれば、広告でマネタイズなどの余計なことを考えなくても、経済的なリターンが返ってくるからです。

ただ注意して欲しいのは、その世界はかなりの実力主義になるということです。

才能がない人はどうすればいい?

自分の才能に自信がない人は、才能あるクリエイターを発掘したり、手助け力を伸ばすと、恩恵を受けれるはずです。

ALISの場合は、良質な記事を探し出し、『いいね!』をするということですね。

仮想通貨は価値あるものが評価される世界を作る

インターネットは、価値ある人・物を発掘する点で非常に優れていましたが、経済的なリターンを還元できていなかったのです。

ですが、仮想通貨・ブロックチェーンが普及することで、文章に限らず、本当に価値のあるもの、価値を生み出す人が経済的なリターンを得られるようになっていきます。

ALISのビジョンが素晴らしいのではないんです、ブロックチェーン、そしてインターネットというデジタルテクノロジーが素晴らしいんです。

ALISで見るべき点はビジョンではない!

私は、『良質な記事を描いてる人が、広告以外でも経済的なリターンを受けれるようにする』システムはどこが必ず作り出すと確信しています。

ですが、問題はどこが作り出すのか?ALISが作り出すのか?です。

ALISを評価する理由として、ALISのビジョンを評価している人は多数いますが、見るべき点はそこではありません。

見るべきところは、実行力があるかどうかです。

そのビジョンを実現できる可能性が高いのかを見るべきです。

ALISの熱意とコミュニティ発展に期待

ALISのプロジェクトメンバーは、ビジョンの実現のためにかなり精力的に動いている様に思いますし、熱意を感じます。

金儲けのためにやっている印象も受けません。

中でも、コミュニティの発展にかなり力を入れている点が、ALISが期待できる点ですね。

公式TwitterやDiscordなどでも積極的に情報発信しています。

公式Twitter:@ALIS_media

Discord:discord.gg/gruxEdr

まだ大きな競合がいないのは大きなアドバンテージ

海外の競合には、ALIS誕生のきっかけともなったSTEEMがありますが現状、日本ではALISに大きな競合はいません。

今のうちにファンを増やしておくことができれば、これは大きなアドバンテージになるはずです。

そして、実際にALISはコミュニティ発展のために地道な活動も行なっています。

特に仮想通貨の世界は、かなり動きが早いですし、先行利益はかなり大きくなりやすいです。

コミュニティを発展させておけば、あとから優秀な人たちや資本力のある大企業が参入してきたとしても十分に対抗できます。

文章の分野は言語の問題も大きいですし、STEEMも含め海外のサービスは日本よりも不親切なことが多々あるので、まずは日本独自のサービスとして発展していけると思います。

投資対象としての将来性は?

ここまで書いたことから、投資対象としても期待しています。

ALISは5年とか10年などの長期対象でみている投資家も多く、ALIS自身も投機を目的とした投資家は望んでいないように思えます。

ただ、投機対象としても悪くはないと思いますね。

やはり、日本発のプロジェクトなので、今後国内取引所の取り扱いも期待できます。

現在の仮想通貨の世界、国内取引所での取り扱いが始まれば、大きな値上がりが期待できます。

ただ、『ALISのビジョンに共感し、応援したいから投資をする』というのが一番良いですけどね!

現在は、CoinExchangeなどの海外取引所で購入可能です。国内取引所でビットコインなどを購入し、送金することで取引可能です。

関連記事:【2018】仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキングTOP13