仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

【2018】仮想通貨(アルトコイン)おすすめ人気ランキングTOP13

plastic 2483784 1920 1024x683 - 【2018】仮想通貨(アルトコイン)おすすめ人気ランキングTOP13

仮想通貨の種類は千を超えると言われていますが、その数ある仮想通貨の中で不動の人気No1な仮想通貨はビットコインです。

今回は、時価総額などを参考にして作成した、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)のおすすめ人気ランキングを発表します。

有名なビットコインでさえも仕組みなどを知らずに投資している人が多く、アルトコイン投資をしている人でも、なんか値上がってるから投資している人はかなり多いでしょう。

それでも稼げてしまうことも多々あるのが仮想通貨投資なのですが、仕組みや強みなどを理解してた方がリスクを軽減できるのは確実です。

まだアルトコインへの投資を始めてない方も、今回のランキング、解説を参考にぜひアルトコイン投資を始めてみてください。

アルトコインおすすめ人気ランキング

それでは、ビットコイン以外の仮想通貨(アルトコイン)のおすすめ人気ランキングを発表します。

1つずつ、特徴や強みなどを紹介していきます。

ちなみに、ビットコインについては以下の記事で解説をまとめています。

ビットコインとは?投資のメリット・リスクを仕組みも交えて解説

1位 ビットコインキャッシュ(BCH)

Bitcoin Cash(ビットコインキャッシュ)』2017年8月1日のビットコインから分割(ハードフォーク)して誕生したアルトコインです。

基本的な機能はビットコインと同じですが、ブロックサイズが8倍に増えているため、ビットコインより送金が早いです。

ビットコインが下がるとビットコインキャッシュが上がり、ビットコインが上がるとビットコインキャッシュが下がるという、ビットコインと反比例した動きになることが多いです。

チェックポイント

  • ビットコインから分割
  • ビットコインより送金が早い
  • ビットコインとは逆の動きをする

取り扱っている取引所

コインチェックビットフライヤーザイフGMOコインビットバンク

ビットコインキャッシュを最も安く購入できるのは『ザイフ』です。

関連記事:ビットコインキャッシュ(BCH)の購入方法!手数料の安い取引所はザイフ(Zaif)

2位 イーサリアム(ETH)

Ethereum(イーサリアム)』は、ビットコインにはない『スマートコントラクト(賢い契約)』と言った機能を持っています。

ビットコインが記録するのは取引情報だけですが、イーサリアムは取引情報に加えて、『誰々さんに1年後に返す』といった文書(約束事)なども記録できます。

通貨そのものが契約書の役割を果たせるということです。

2014年のことから『ホリエモン(堀江貴文)』が注目していたことで有名です。

チェックポイント

  • スマートコントラクトの仕組みが搭載で、文書(約束ごと)も記録可能
  • 通貨そのものが契約書の役割を果たせる
  • ホリエモンが早期から注目

取り扱っている取引所

コインチェックビットフライヤーザイフGMOコインビットバンク

イーサリアムを最も安く購入できるのは『ザイフ』です。

関連記事:イーサリアム(ETH)の購入方法!手数料の安い取引所はザイフ(Zaif)

3位 リップル(XRP)

非常に早く(4分間)、手数料も少なく国際間送金できるシステムを開発をしている『Ripple(リップル)』社の仮想通貨です。

リップルのシステムは世界中の銀行に普及することを目指しており、もしそれが成功し、XRPが使われるようになれば、今後も大きな値上がりが期待できます。

ただ、もしリップル社のシステムが普及しても、取引に使う仮想通貨はXRP以外の仮想通貨が利用される可能性もある点には注意してください。

チェックポイント

  • リップル社は非常に早くて安い国際間送信が可能なシステムを開発
  • リップル社のシステムは世界中の銀行に普及の可能性
  • 『リップル社のシステムの普及=リップル社の仮想通貨(XRP)の普及』とは限らない

取り扱っている取引所

コインチェックGMOコインビットバンク

リップルを最も安く購入できるのは『ビットバンク』です。

関連記事:ビットバンク(bitbank.cc)の評判・登録方法!リップルの手数料が安い取引所

4位 ライトコイン(LTC)

Litecoin(ライトコイン)』は、元グーグルエンジニアが開発した、約2分半と非常に送金が早い仮想通貨です。

日常的な決済手段として利用されることが期待されています。

ただ、『送金が早い通貨=ハッキングしやすい』ということなので、普及させるためにはセキュリティを高める必要があります。

チェックポイント

  • 元グーグルエンジニアが開発
  • 日常使いも期待できる送金の速さ
  • セキュリティの面が不安視されている

取り扱っている取引所

コインチェックビットフライヤーGMOコインビットバンク

ライトコインを最も安く購入できるのは『ビットバンク』です。

関連記事:ビットバンク(bitbank.cc)の評判・登録方法!リップルの手数料が安い取引所

5位 ダッシュ(DASH)

DASH(ダッシュ)』は匿名性の高い仮想通貨です。

ビットコインは取引の履歴(誰が誰に送ったか)が全て記録されているのが強みであり、弱みでもあります。

ダッシュは、ブロックチェーンの仕組みを使っているので送金の履歴は残りますが、誰が誰に送ったのかまでは記録されない匿名性の高い通貨です。

また、送金もライトコイン以上の速さで可能です。

チェックポイント

  • 匿名性の高い仮想通貨
  • 誰が誰に送ったのか履歴が記録されない
  • 送金も非常に早い

取り扱っている取引所

コインチェック

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

6位 ネム(XEM)

NEM(ネム)』の最大の特徴は、『PoI(Proof-of-Importance)』という仕組みが利用されていることです。

これは、ネムをマイニングした人には、マイニング時に新規のネムが渡されるのではなく、ユーザーが取引した時に報酬が渡される仕組みのことです。(ネムは既に全て発行済みのため)

そのため、ネムをマイニングをしている人は取引を活性化させようとさせるため、普及が期待できるということです。

また、システムに組み込まれた暗号化などのセキュリティーの高さも強みです。

チェックポイント

  • ユーザーが取引を支援する仕組みが敷かれている
  • セキュリティが非常に高い

取り扱っている取引所

コインチェックザイフ

ネムを最も安く購入できるのは『ザイフ』です。

関連記事:ザイフ(Zaif)の登録・口座開設方法・本人確認・使い方

7位 モネロ(XMR)

MONERO(モネロ)』は、閲覧用・送金用の2つの秘密鍵がある仮想通貨です。

モネロも『ダッシュ』と同じように、誰が誰に送ったのかまでは記録が公開されないため、匿名性の高い通貨になります。

ただ、秘密鍵が2種類あるため、隠した記録を外部に公開するかしないかを自分で選ぶことができます。

アルトコインは、ビットコインより発行上限数が多いものが多数の中、モネロはビットコインより発行上限が少ないです。

チェックポイント

  • 誰が誰に送ったかは公開されない
  • 閲覧用・送金用の2つの秘密鍵がある
  • ビットコインより発行上限が少ない

取り扱っている取引所

コインチェック

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

8位 イーサクラシック(ETC)

Ethereum Classic(イーサクラシック)』は、イーサリアムから分裂(ハードフォーク)して生まれた仮想通貨で、機能もイーサリアムと全く同じです。

イーサリアム関連のプロジェクトで65億円相当のイーサリアムが不正に送金された事件(The DAO事件)が起きたため、イーサリアムを改めて作り直すことでその不正送金を取り消そうとして生まれたのがイーサクラシックです。

ですが、現時点では本家イーサリアムを超えられていません。

チェックポイント

  • イーサリアムから分裂、機能も全く同じ
  • 本家イーサリアムを超えられていない

取り扱っている取引所

コインチェックビットフライヤー

どちらで購入してもあまり変わらないので、好きな方を選んでください。

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

9位 ジーキャッシュ(ZEC)

Zcash(ジーキャッシュ)』は非常に匿名性の高い仮想通貨です。

同じく匿名性の高い仮想通貨として、モネロやダッシュなどがありますが、この2つとの違いは、取引される数量まで匿名化されることです。

つまり、『誰が』だけでなく、『どのような』取引をしたかまで匿名化できるということです。

チェックポイント

  • 非常に匿名性が高い
  • 取引者だけでなく、取引された数量も匿名化される

取り扱っている取引所

コインチェック

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

10位 リスク(LSK)

Lisk(リスク)』は、、イーサリアム同様『スマートコントラクト(賢い契約)』の機能を持ちます。

イーサリアムとの違いは『サイドチェーン』という、メインとなるブロックチェーンとは別のブロックチェーンを用意して、そこに情報を書き込んでいくという仕組みを使っていることです。

また、発行上限が無限というのも大きな特徴です。

チェックポイント

  • スマートコントラクトの機能を持つ
  • サイドチェーンという仕組みを利用
  • 発行上限が無限

取り扱っている取引所

コインチェック

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

11位 オーガー(REP)

Auger(オーガー)』は、予測市場のプラットフォームシステムでの利用を想定された仮想通貨です。

オーガープロジェクトのシステムは、ユーザーは未来に起こる出来事を予想してお金をかけることができ、当たった人に利益が分配される仕組みになっています。

ギャンブル向けの通貨なのですが、保険業界であったり、先物取引などでの利用も想定されています。

チェックポイント

  • 予測市場での利用を想定された通貨
  • ギャンブルだけでなく、保険・先物取引きでなどの使用を想定

取り扱っている取引所

コインチェック

関連記事:オーガー(Augur/REP)の購入できる取引所・今後の将来性

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

12位 モナコイン(MONA)

Monacoin(モナコイン)』は日本産の仮想通貨で、送金が非常に早く、約1分30秒と、アルトコインの中でも最速クラスの送金速度を持ちます。

元のプログラムは『Litecoin(ライトコイン)』とほぼ同じだったのですが、今はバージョンアップを繰り返して独自の変化を遂げています。

モナコインのユーザーコミュニティが日本では活発で熱意があり、そのことが期待されている理由の一つでもあります。

チェックポイント

  • アルトコイン最速クラスの送金速度をもつ
  • 元はライトコインの技術を使っている
  • コミュニティに活気がある

取り扱っている取引所

コインチェックビットフライヤーザイフビットバンク

モナコインを最も安く購入できるのは『ザイフ』です。

関連記事:ザイフ(Zaif)の登録・口座開設方法・本人確認・使い方

13位 ファクトム(FCT)

Factom(ファクトム)』とはプラットフォームの名称で、仮想通貨の正式名称は『Factoid(ファクトイド)』と言いますが、ファクトムと呼ばれています。

ファクトムは、取引の記録だけでなく、契約書や証明書などの記録のためにブロックチェーン技術を使用しています。『Fact(事実)』を記録する仮想通貨ということです。

コストが低く・セキュリティの高いデータ管理、そして非常に早いデータのやり取りを可能にすることを期待されている仮想通貨です。

チェックポイント

  • 契約書や証明書を記録する機能あり
  • データ管理・送受信のコスト低下を期待されている

取り扱っている取引所

コインチェック

関連記事:コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

まとめ

以上、人気仮想通貨のおすすめ人気ランキングでした!

ランキングアルトコイン名取り扱い取引所
1位ビットコインキャッシュ(BCH)コインチェック)ビットフライヤーザイフGMOコイン
2位イーサリアム(ETH)コインチェックビットフライヤーザイフGMOコイン
3位リップル(XRP)コインチェックGMOコイン
4位ライトコイン(LTC)コインチェックビットフライヤーGMOコイン
5位ダッシュ(DASH)コインチェック
6位ネム(XEM)コインチェックザイフ
7位モネロ(XMR)コインチェック
8位イーサクラシック(ETC)コインチェックビットフライヤー
9位ジーキャッシュ(ZEC)コインチェック
10位リスク(LSK)コインチェック
11位オーガー(REP)コインチェック
12位モナコイン(MONA)コインチェックビットフライヤーザイフ
13位ファクトム(FCT)コインチェック