仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

ビットバンク(bitbank.cc)の評判・登録方法!リップルの手数料が安い取引所

bitbank 001 - ビットバンク(bitbank.cc)の評判・登録方法!リップルの手数料が安い取引所

この記事は、『ビットバンク(bitban.cc)』での口座開設を検討しているけど、その前に評価・評判を知りたい人のために記事です。

結論としては、『ビットバンクは、アルトコインの手数料が安く、特にリップルを買いたい方にはオススメの取引所』です。

このページでは、私自身が実際に使った上での評価と、周囲の仮想通貨投資家からの評判をもとにビットバンクの総評を、以下の流れに沿って丁寧に説明します。

すべて読めば、ビットバンクが自分に向いている取引所かどうか分かります。

 1. ビットバンクの特徴・総評・手数料

c8f41e01c40a73d2c8a871de463e3502 - ビットバンク(bitbank.cc)の評判・登録方法!リップルの手数料が安い取引所

詳細を見る

『ビットバンク』は、2014年5月に設立された、24時間取引可能な仮想通貨取引所です。

取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)
リップル(XRP)ライトコイン(LTC)モナコイン(MONA)

※イーサリアムとライトコインをビットコインとの交換でしか買えません

ビットバンクの総評

『ビットバンク』は『手数料の安さ』の点で優れており、特に『リップル(XRP)』に関しては、日本で最も手数料が安いので、リップルを買いたい人にはオススメの取引所です。

一方で、「取り扱い仮装通貨数」についてはあまり多くないので、『ネム(XEM)』や『リスク(LSK)』などの取引はできません。

ビットバンクで取り扱っていないアルトコインを購入したい方は、国内取引所が良いなら『コインチェック(Coincheck)』、海外取引所でも良いなら『バイナンス(Binance)』をオススメします。

『ビットバンク(bitbank.cc)』の公式サイトへ

手数料まとめ

売買手数料

ビットバンクで仮想通貨を売買する際の手数料です。

 メイカーテイカー
ビットコイン-0.05%0.05%
アルトコイン-0.05%0.25%

手数料がマイナスというのは、取引するごとにその仮想通貨が増えるということです。

%としては少ないですが、手数料の心配をしなくていいというのは嬉しいです。

メイカーとテイカーとは?

テイカー注文板をもとに決められた価格ですぐに取引できる方法で、メイカーはユーザーが金額を指定して注文する方法です。

一般的に使われることが多いのは、メイカーです。

入出金手数料

日本円をビットバンクに入金・出金する際の手数料です。

銀行入金手数料振込手数料を自己負担
銀行出金手数料3万円未満:540円
3万円以上:756円

入出金手数料については、他の取引所同じ水準です。

ビットバンクの良い評判

ビットバンクには、ほかの取引所と比較して以下のような良い評判があります。

  1. アルトコインの手数料が安い
  2. キャンペーンを頻繁に開催している
  3. 他の取引所と比べても、安全性もバッチリ
  4. 入金のスピードが早い
  5. 口座開設が簡単

1. アルトコインの手数料が安い

ビットバンクを使う理由として圧倒的に多いのが、アルトコインの手数料が安いことです。

日本で最もアルトコインの取り扱い数が多いのは『コインチェック』ですが、アルトコインは販売所形式での売買なので手数料が高いです。

仮想通貨の売買形式

取引所形式 = ユーザーが直接やりとりするので手数料が安め

販売所形式 = 合間に取引所を挟むので手数料が高め

取引所は高くても手数料は1%以下ですが、販売所形式は5〜10%の手数料を取られるのが一般的です。

日本の取引所でアルトコインを取引所で売買できるのは『ザイフ』と『ビットバンク』のみ

日本で、アルトコインを取引所形式で売買でき、取引手数料が安い主要な取引所は『ザイフ(Zaif)』と『ビットバンク』だけです。

ユーザー数ではザイフの方が多いですが、ザイフとビットバンクでは取り扱っている通貨の種類が違います。

ザイフの取り扱い通貨

ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)
ネム(XEM)モナコイン(MONA)

『リップル(XRP)』と『ライトコイン(LTC)』ならビットバンク!

ザイフでは、ビットバンクで取り扱っていない『ネム(XEM)』を取り扱っているのですが、逆に『リップル(XRP)』と『ライトコイン(LTC)』を取り扱っていないということですね。

ですから、『リップル(XRP)』と『ライトコイン(LTC)』を日本で一番手数料安く売買できる取引所は『ビットバンク』なので、この2つ(特にリップル)目的で利用する人が多いのです。

『ビットバンク(bitbank.cc)』の公式サイトへ

2. キャンペーンを頻繁に開催している

ビットバンクは、頻繁にキャンペーンを開催しています。

現在も、全ペア取引手数料ゼロのキャンペーンをやっていて、非常にお得です。

リップルの出来高に応じて賞金がもらえる

リップルの出来高をランキング形式で集計していて、取引量の多い上位に入れれば、賞金がもらえます。

1位になると、10万円がもらえます。

そのほかにも頻繁にキャンペーンを行っているので、登録しておくと得することもあると思いますよ。

3. 他の取引所比較しても、安全性もバッチリ

ビットバンクは、コインチェックやビットフライヤーなどと比べると知名度が低いこともあって、「セキュリティが危ないのでは」と心配になる人もいるかもしれません。

大丈夫です。しっかりと以下のようなセキュリティを確保しています。

  • コールドウォレットでの管理(オフラインで資産を管理して、ハッキングでの盗難を防ぐ)
  • 顧客資産と経営資金の分散管理
  • 本人確認の徹底
  • 2段階認証

ビットバンクの運営会社は資本金も11億3100万円と非常に多いので、そこも信頼感の高まる理由でしょう。

4. 入金のスピードが早い

日本円を入金するスピードが早く、振込手続きをしてから5分以内には終わりました。

他の取引所では数十分待たされることもあるので、早いです。

特に仮想通貨は分単位で価格が大きく動くこともあるので嬉しいですね。

5. 口座開設が簡単

口座開設も簡単です。

コインチェックと同じくらい簡単に口座開設できます。

手順通りに進めるだけで、一切詰まることなく口座開設できます。

ビットバンクの登録・口座開設方法

以下が、ビットバンクの口座開設方法になります。

見なくてもできるくらい簡単ですが、もし詰まったら参考にしてください。

1.公式サイトにアクセスして新規登録

ビットバンクCCの公式サイトにアクセスしてメールアドレスを入力し、新規登録をクリックします。

2. パスワード登録

登録したメールアドレスに送られてきたURLをクリックし、パスワードの登録と利用規約等を確認しチェックを行います。

3. 本人情報の入力

登録したアドレスとパスワードでログイン後、『登録情報』をクリックし、氏名等の情報を入力します。

4. 本人確認書類のアップロード

全ての入力を終えると、本人確認情報のアップロードに進むという画面が出てくるので、本人確認書類を写真で撮りアップロードをします。

これだけで口座開設完了です。

あとは、本人確認の郵送物が届くのを待てば、取引開始可能になります。

まとめ

以上、ビットバンクの評判・登録方法でした。

現在、日本には様々な仮想通貨取引所が存在していますが、アルトコインの手数料が安いビットフライヤーは、リップル、ライトコインを購入するお取引所としては非常にオススメです。

きちんと自分に合う取引所を選んで、後悔しない仮想通貨取引を行ってください!

『ビットバンク(bitbank.cc)』の公式サイトへ