仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

取引所DMMビットコイン(DMM bitcoin)の評判!手数料や取り扱い通貨など

dmm - 取引所DMMビットコイン(DMM bitcoin)の評判!手数料や取り扱い通貨など

DMMは、2018年1月11日より仮想通貨取引所『DMM bitcoin(DMMビットコイン)』の口座開設の受付を開始しました。

今回は、DMM bitcoinの特徴や取り扱い通貨、口座開設方法、取引手数料などをまとめます。

口座開設方法だけ知りたい!という方は、こちらのリンクを利用してください。

DMM bitcoinの口座開設方法の簡単解説へ

『DMM bitcoin』とは?

DMM bitcoin(DMMビットコイン)』は、2018年1月11日よりDMMグループが運営開始した、24時間365日サポートの仮想通貨取引所です。

取引所は自分の仮想通貨を預けるところ、いわば仮想通貨の銀行ですから大手が運営している安心感は大きいです。

現在、新規口座作成で1000円キャッシュバックのキャンペーン中です。

DMM bitcoinのHP公式サイトへ

仮想通貨取引所の口座開設は、国内・海外問わず殺到している状況なので、混む前に早めに開設することをオススメします。

取引ツールは『DMM FX』同様の機能を提供予定

DMMはすでに『DMM FX』でFXサービスとしてはトップクラスの信頼と人気を築いている企業です。

取引ツールは、DMM FXで提供している取引ツールと同様な視認性と機能を提供するとのことです。

DMM FXの取引ツールはWEB版もスマホアプリも使いやすいと評判が良いツールです。DMM bitcoinについても使いやすさは非常に良好です。

取り扱う仮装通貨の種類

DMMビットコインは現物取引で取り扱う通貨と、レバレッジ取引で取り扱う通貨に大きな違いがあります。

現物取引の取り扱い通貨

開設時に現物取引で取り扱う通貨の種類は、2種類(BTC・ETH)だけです。

ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)

イーサリアムはビットコインで購入することも可能です。

正直、2種類は少ないですね。

レバレッジ取引の取り扱い通貨

一方、レバレッジ取引については7種類(BTC・BCH・ETH・ETC・NEM・XRP・LTC)と、現在の日本の取引所では最も種類が多いです。

BTC(ビットコイン)ペア、JPY(日本円)ペアで取引可能です。

ビットコイン(BTC)ビットコインキャッシュ(BCH)イーサリアム(ETH)
イーサリアムクラシック(ETC)ネム(XEM)リップル(XRP)
ライトコイン(LTC)

このことから、DMMbitcoinはレバレッジ取引に力を入れたサービスだと言えます。

アルトコインのレバレッジ取引所としては日本最大!

現在、日本の取引所のレバレッジ取引はほとんどがビットコインFXです。

アルトコインでのレバレッジ取引をやりたくてもできないという状況なので、レバレッジ取引可能なアルトコインの豊富さは、DMM bitcoinの一番の売りとも言えます。

また、DMMは2018年春にも、『cointap(コインタップ)』という2つ目の取引所(販売所)を開設予定です。

DMMの販売所コインタップ(cointap)の評判・登録・口座開設方法

こちらは現物取引中心とみられているので、そちらとの差別化もあるのではないでしょうか。

レバレッジ取引の最大レバレッジは5倍

DMM bitcoinでの最大レバレッジは5倍で、証拠金維持率が80%を下回ったらロスカットになります。

ビットコインFXで人気の『bitFlyey』の15倍や『GMOコイン』の25倍に比べると低めになりますが、ボラティリティ(価格変動)の大きいアルトコインのレバレッジ取引なら最大レバレッジ5倍でも十分だと思います。

取引手数料・入出金手数料

手数料については、ほとんどが無料になっていて、現物取引・レバレッジ取引ともに手数料無料で、日本円の入出金も無料です。

唯一、レバレッジ手数料(スワップ)については、日をまたいで所持していた場合に0.04%相当の手数料がかかります。

レバレッジ取引に力を入れていて、手数料もほぼ同じ条件な『GMOコイン』がライバルと意識しているのではないでしょうか。

DMM bitcoinへの登録・口座開設方法

dmm bitcoin pen - 取引所DMMビットコイン(DMM bitcoin)の評判!手数料や取り扱い通貨など

DMM bitcoinの口座開設は、他の取引所同様、以下の流れになります。

  1. DMMビットコインの公式サイトからメールアドレスの登録
  2. 基本情報の入力
  3. 本人確認書類の提出
  4. 本人確認ハガキに記載されたコードをマイページで入力
  5. 銀行口座から入金して取引開始!

詳しくは、こちらの記事にまとめてあります。

DMM bitcoin(DMMビットコイン)の登録・口座開設方法・使い方

取引ツールについて

pc tool - 取引所DMMビットコイン(DMM bitcoin)の評判!手数料や取り扱い通貨など

DMM bitcoinのHP公式サイトへ

DMM bitcoinの取引ツールについては、『DMM FX』と同じ機能のものが提供されます。

PC版の取引画面のレイアウトはカスタマイズ可能で、自分好みのレイアウトに変えられます。

鳥行きシステムに関しては、「ストリーミング、指値・逆指値、OCO、IFD(レバレッジ取引のみ)、IFO(レバレッジ取引のみ)」など、一括決済やクイック決済にも対応とのことで、十分な機能が揃ってます。

チャートで使えるテクニカル指標についても、『移動平均線』、『一目均衡表』、『MACD』、『RSI』など多数ということなので、必要なものは揃っているでしょう。

DMM bitcoinのスマホアプリ

iphone tool - 取引所DMMビットコイン(DMM bitcoin)の評判!手数料や取り扱い通貨など

DMMbitcoinはPCだけでなく、スマホ向けアプリも提供予定で、iPhone版もAndroid版も出る予定です。

PC版の取引システムに匹敵する機能を提供予定とのことでう、「チャートを見ながらワンタッチで発注する事が可能で、レートアラート通知やテクニカル指標アラートといったポップアップ機能も搭載する」とのことです。

ここら辺も、レバレッジ取引を中心にしたUIにすることで、他者との差別化をしてくるはずです。

上の公式画像を見ても、売りと買いの値段が隣り合わせになっているため、スプレッドの差が一目で分かるので見やすそうですね。

まとめ

以上、『DMM bitcoin(DMMビットコイン)』についてまとめました。 今日紹介したことをまとめると

  • 2018年1月11から口座開設開始
  • レバレッジ取引中心の取引所
  • 現物取引の取り扱いはBTC、ETHのみ、レバレッジ取引は7種類
  • 最大レバレッジは5倍
  • 日本円の入出金・取引手数料は無料
  • 取引ツールは『DMM FX』と同じ機能を提供予定
  • スマホアプリ(iPhone/Android)も提供予定

となります。

DMM bitcoinのHP公式サイトへ

DMMは2018年春にはコインタップという仮想通貨販売所を設立します。 コインタップは、初心者向け、現物中心になると予想されています。 『コインタップ』と『DMM bitcoin』のサービス同士の連携も期待してます。

コインタップはすでに事前登録が始まっているので、興味がある方はこちらからどうぞ。

DMMの販売所コインタップ(cointap)の評判・登録・口座開設方法

また、既存の仮想通貨取引所の比較もランキング形式でまとめています。

【2018】仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ比較ランキングTOP13