仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

DMMの販売所コインタップ(cointap)の評判・登録・口座開設方法・手数料

d9eb57ce5c15279d583f128451aa9690 - DMMの販売所コインタップ(cointap)の評判・登録・口座開設方法・手数料

コインタップ(cointap)』は、2018年春よりDMMのグループ会社『ネクストカレンシー(NEXT CURRENCY)』が運営開始を予定している仮想通貨販売所です。

DMMは『DMM FX』などですでに高い評判と信頼を獲得している企業ですが、仮想通貨サービスでもすでに2018年1月より『DMM ビットコイン(DMM Bitcoin)』を運営開始することをを発表しています。

コインタップとDMMビットコインの違いなども含めて、コインタップに関する疑問や最新情報をまとめます

コインタップ(cointap)とは?

コインタップは、2018年春に運営開始という情報以外はあまり情報がなく、取り扱い予定の仮想通貨も発表していません

コインタップ発表における、ネクストカレンシーのプレスリリースは以下になります。

ビットコインなどの仮想通貨は、決済目的もしくは投資目的として近年社会的注目を集めています。

さらに本年4月1日の改正資金決済法の施行をうけ、仮想通貨交換業の登録制度が始まったことにより、安心して仮想通貨を取り扱い出来る環境が広がっています。

当社は仮想通貨をより身近なものにすることを目標に、仮想通貨交換業の登録準備を進めるとともに、スマートフォンアプリなど独自のサービスを開発していきます。

今後、サービスの最新情報は順次Webサイトにて開示していく予定です。

DMMグループのネクストカレンシー社、ビットコインなど仮想通貨の取引事業に参入

スマートフォンアプリなどで手軽に仮想通貨取引をできるようなサービスを運営することを目指しているようです。

『コインタップ』という名前も、いかにもスマホアプリっぽい名前ですからね。

スマホアプリ中心か

現在、スマホアプリで簡単に取引できる仮想通貨取引所『コインチェック(Coincheck)』が、評判も良く、ユーザー数No1です。

投資やITに詳しくないような一般人でも使いやすいように出来ていて、それが日本で仮想通貨が盛り上がっている一因にもなっています。

海外取引所『Binance』などは登録も5分で終わり、日本語対応もしていて、アルトコインの種類も豊富と良いことづくめですが、やはり使いやすさの点では日本の取引所がトップだと思います。

関連記事Binance(バイナンス)のメリット・登録・口座開設方法

コインタップは、スマホアプリ中心のUIで、『誰でも・簡単に』仮想通貨取引ができるようなサービスとして運営するのが目標ではないでしょうか。

DMMビットコイン(DMM Bitcoin)とコインタップの違いは?

まず最初に感じる疑問として、「DMMが1月から運営する仮想通貨取引所『DMMビットコイン(DMM Bitcoin)』となにが違うのか?」という疑問。

コインタップを運営する企業は、あくまでDMMグループの一つのネクストカレンシーですが、同じグループ内で同じようなサービスも2つ運営するのは珍しいことです。

この点に関して、なにが違うのかはDMMは公式に発表していません。

ただ、明らかに違う点はあります。

DMMビットコインは取引所形式、コインタップは販売所形式

すでにわかっている違いとしては、DMMビットコインは取引所形式であること、コインタップは販売所形式であることです。

DMMビットコイン 取引所形式

コインタップ 販売所形式

一般的には手数料が安いというのが仮想通貨取引所のメリットです。

仮想通貨販売所は、シンプルでとっつきやすいのですが、販売所が合間に入るために手数料が高くなります。

企業側は『手数料を高く取れる』というメリットがあるので、同じユーザー数なら販売所の方が大幅に利益は増えます。

初心者向けのサービスで間違いなしか

初心者以外は取引所を利用する人が多いと思いますが、メルカリが大人気になったように、スマホ時代の今は手軽にできるなら手数料は割高でも良いという人は意外と多いのではないでしょうか。

コインチェックも手数料が少し割高なのに人気な訳ですしね。

この点からも、仮想通貨初心者を意識したサービスであることがわかります。

関連記事コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方

コインタップ→DMMビットコインの流れを想定?

コインチェックから仮想通貨投資を始める人はかなり多いと思うのですが、そのままコインチェックだけで取引し続ける人は少ないです。

ザイフ(Ziaf)』などのより手数料がかからない国内取引所だったり、アルトコインの種類が豊富にある海外取引所に徐々に流れていくパターンが多いですね。

DMMとしては、コインタップで初心者を流入させつつ、中級者・上級者もDMMビットコインで抑えるというパターンを想定しているのではないでしょうか。

関連記事ザイフ(Zaif)の登録・口座開設方法・本人確認・使い方

コインチェックの登録・口座開設方法について

6d1abb386d25e58c443b1b7dfe63260a 1024x543 - DMMの販売所コインタップ(cointap)の評判・登録・口座開設方法・手数料

コインタップのホームページでは、現在事前登録の受付を開始しています。

cointapのHP:https://cointap.jp/

事前登録の方法

HPに飛んだら、事前登録受付中と書かれた文字の下のテキストボックスにメールアドレスを入力すれば、完了です。

事前登録で得られるサービス内容

メールアドレスの登録だけで、コインタップリリース時の招待やお得な情報が優先的に届きます。

  • 一般登録に先駆けた利用招待
  • βテストやアンケートなどを通じたサービスづくりへの参加
  • 特別なインセンティブ

1分もかからずに終わるので、サービス開始後すぐに口座開設したい方はぜひ登録しておきましょう!

まとめ

以上、ネクストカレンシーが2018年春より運営開始予定の『コインタップ(cointap)』の最新情報まとめでした。

仮想通貨初心者向けのコインタップ、中・上級者向けのDMMビットコインとして、うまく住み分けしていくことを想定していそうです。

大手企業ではGMOグループが『GMOコイン』が最初に参入していますが、少しつまづいている部分もあるので、まだまだDMMにもチャンスはあるでしょう。

コインタップ(cointap)の事前登録へ

関連記事仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ人気ランキングTOP13【国内】