仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

仮想通貨・ビットコインの投資方法は5種類!低リスクorハイリターン

tee 598346 1920 1024x678 - 仮想通貨・ビットコインの投資方法は5種類!低リスクorハイリターン

仮想通貨投資といっても、仮想通貨の投資方法は主に5つに分けられます。

投資方法によって戦略も変わって来ますし、合う人・合わない人も変わって来ます。

自分に投資方法を選ぶと言うのは非常に重要です。

それぞれの、投資方法の特徴・メリット・デメリットをまとめていきます。

5つの投資方法

仮想通貨投資は主に5つの方法に分かれます。以下の投資方法です。

  1. 短期トレード(投機)
  2. 長期保有
  3. ICO投資
  4. 積立投資
  5. レバレッジ取引
それでは、1つずつ解説していきます。

1. 短期投資:初心者も一度は経験して欲しい

私は、仮想通貨は長期保有をオススメしています。ですが、『本気で仮想通貨投資に取り組みたい方』と『初心者の方』にオススメの方法です。

一見すると、相反するタイプに思える2つのタイプ。

「本気で仮想通貨投資に取り組みたい人に短期トレードをオススメするのはかるけど、なぜ初心者にも?」と思われるかもしれません。

なぜ、仮想通貨投資初心者に短期トレードがオススメ?

実際、初心者の方には投機とも呼ばれる短期トレードより長期ホールドをオススメする方が多いです。

確かに2017年までの仮想通貨相場であれば、「とりあえず仮想通貨を買っておけば資産が増えた」と言う状況でした。

もちろん、この状況は今後も継続する可能性もあるでしょう。ですが、今までそれで良かったのは結果論ですし、あまりに運任せ過ぎます。

短期トレードは実力が出ます。これが良さでもあり、怖いところでもあります。では、なぜまだ実力のない初心者に短期トレードがオススメなのか。

私が短期トレードを初心者にオススメする理由は、長期保有より短期トレードの方が仮想通貨の知識がつくスピードが速いからです。

短期トレードの方が仮想通貨の知識がつくスピードが速い

短期トレードで稼ぐには、仮想通貨の知識は必須です。仮想通貨の基礎知識からトレンド、「どのアルトコインが注目されている?」「仮想通貨の今までの値動きは?」などです。

短期トレードを一定期間やれば、ある程度の知識は絶対につきます。新しいニュース・話題が出てきた時も仮想通貨投資に関する知識が多い方が理解しやすいです。

長期ホールドでは「持ってたらいつの間にか資産増えてた」となる可能性もあります。ただ、「持ってたらいつの間にか資産減ってた」になる可能性もあります。

知識が経験となり、密度を増す

知識をつけて臨んでも長期投資より稼げない、どころか損してしまう可能性も高いのが短期トレードです。

ですが、早いうちに失敗しておくことは長期的に見ると価値のある経験となります。

長期保有のデメリットは、失敗の回数は少ないけど、もし失敗したら大失敗になる可能性があるということです。

例えば、変な仮想通貨を長期ホールドしてしまったなどです。価値のない仮想通貨を長期ホールドして機会損失することも大きな失敗になります。

短期投資での経験は、そういった失敗の可能性を下げることができるはずです。

短期投資を行うことで、どういう通貨を買った方がいいのか?長期保有した方がいいのか?という自分なりの知識・考えが生まれてくるでしょう。

ただ、初心者が短期トレードを始めると損が出る危険性も高いので、大きな資金は突っ込まないように気をつけてください。

自分が短期トレードが向いてる可能性も

また、あなたはもしかしたら短期トレードで成果を出すのがうまいタイプかもしれません。

長期保有は運任せな部分も大きいです。ですが、短期トレードは実力がある人ならより確実に稼げる方法です。

比較的早く、自分にあった投資方法かわかるのもまた、短期トレードの魅力です。

国内でアルトコインの短期トレードを行う場合は13種類の仮想通貨を取り扱っている『コインチェック』がオススメです。

メリット

  • 仮想通貨に関する知識が増える
  • 様々な通貨を知ることができる
  • 自分の実力次第で短期で大きなるを狙える

デメリット

  • 常にチャート・相場が気になるようになる
  • 情報に踊らされやすい
  • メンタル的に疲れる
  • 労力の割に稼げるとは限らない
デメリットに関しては、長期保有などと比較して話していきます。

2. 長期保有:オススメの投資方法

私は、仮想通貨投資が本業という方以外には、長期投資をオススメしています。

あくまで、最初は短期トレードで経験を積んで欲しいということです。初心者に短期トレードをオススメできない理由には、色々な理由があります。

  • 短期トレードはかけた時間の割に儲からない可能性が高い
  • 投資上級者以外は(投資上級者でも)カモにされやすい
  • トレードするたびに手数料がかかる・仮想通貨投資は利益確定時の税金が非常に高い(最大50%)

短期トレードはかけた時間の割に儲からない可能性が高い

短期トレードは、毎日仮想通貨に関する情報を追っていないと稼ぐのが難しいです。だからと言って、稼げる可能性が高いわけではありません。

長期ホールドは一度買ったら、たまに状況をチェックするくらいでもいいです。

あえて全くチェックしないようにするというのもありでしょう。一時的な大きな下落で不安になり、その後は元値以上に回復するというパターンは仮想通貨では多いです。(もちろんそのまま上がってこないものも多々ありますので、引き際が難しいのですが)

労力としては長期トレードの方が圧倒的に少ないので、特に本業のある方は長期トレードの方が良いです。

短期トレードは、投資上級者以外は(投資上級者でも)カモにされやすい

仮想通貨の儲かりそうな情報は常に溢れていますし、みんな儲けたいのでうまい話に踊らされ、一時的な高騰に手を出してしまったりして、利益が出ないどころか損をしてしまう人は多いです。

一番儲かるのは、これから値上がる仮想通貨を長期ホールドすることです。これは株などでも同じですが、仮想通貨の場合は株ほど種類が少ないですし、仮想通貨市場自体が成長しているので、長期ホールドで成功できる可能性は圧倒的に高いです。

また、長期ホールドをオススメするもう一つの理由が税制です。

トレードするたびに手数料がかかる可能性・仮想通貨投資は利益確定時の税金が非常に高い

取引所によって、もしくはトレードする仮想通貨によっては手数料がかかってしまいます。

1回1回は少ない額でも、積もり重ねると大きな額になり、利益を大幅に減らしていたということにもなりかねないのが、短期トレードのデメリットです。

そして、仮想通貨で利益を出すと、最大50%の税率で税金を払わなければなりません。これは利確(利益確定)時で日本円などの法定通貨や他の仮想通貨などに交換した時で、長期ホールドしている間の含み益の時は税金はかからないわけです。

利確組(短期トレード)とガチホ組(長期保有)が同じ通貨に3年間投資したとした場合の利益の比較です。

これが、特に仮想通貨は短期トレードより長期保有の方が利益が出やすい理由の大きな理由です。

長期保有する仮想通貨を決める前に短期トレードで経験を積もう

先ほども説明した通り、短期トレードを行うことで知識・経験を積む速度を上げることができます。

無価値な仮想通貨を長期間ホールドしてしまったといったことを下げるために、1ヶ月ほど、最悪1週間ほどでもいいので短期トレードに手を出してみることをオススメします。

その後、自分なりに期待できる仮想通貨を見つけ、長期ホールドへの移行を目指してください。

メリット

  • 奪われる時間・労力が少ない
  • 相場の小さな値動きに左右されず、大きな値動きの波に乗れる
  • 利益確定をしない限り、税金はかからない

デメリット

  • 大きな機会損失をしてしまう可能性がある
  • 引き際がわかりにくい

3. ICO投資:ハイリスク・ハイリターンな投資方法

ICOとは、簡単に言えば『株(IPO)ではなく仮想通貨を使って資金調達をする仕組み』です。

つまりICO投資とは、まだ流通する前の仮想通貨を安値で購入し、その仮想通貨がICO後に大きく値上がった時に売って利益を得るのを狙う投資方法で、非常にハイリスクハイリターンな投資方法です。

詳しい仕組みについてはここでは省き、メリットやデメリットだけまとめますので、詳しく知りたい方は以下の記事を参考してください。

ハイリターンな投資方法

まだ流通していない仮想通貨は非常に安いです。

ですから、その仮想通貨がICOをして、もしそのコインが流通する、もしくは大きな注目を浴びるようになれば、大きく値上がります。

そのため、良いICO銘柄を見つけることができれば、大きな利益を狙えるハイリターンな投資方法です。

非常にハイリスクな投資方法

実は、ICOは基本的には誰でも行えます。

それこそ詐欺師でも行うことができて、特に海外では資金調達後に企業が消息不明になったり、音信不通になったりすることが度々飽きています。

また、詐欺まではいかなくても、単純に事業がうまくいかないケースも多いですし、ICOした企業が倒産するリスクもあります。

当たれば大きいですが、失敗する可能性がとても高い投資方法です。

ネットなどでは、ICOに関する儲かりそうな情報が出ていたりしますが、生半可な知識で手を出さなおいことをオススメします。

メリット

  • ハイリターンを狙える投資方法

デメリット

  • 非常にハイリスクな投資方法

4. 積立投資:王道の投資方法

積立投資は、長期ホールドの一種とも言えますが、少しずつ仮想通貨を買って増やしていく方法ですね。

方法としては2種類あって、安くなった時に仮想通貨を買い増す方法と、毎月決まった額を自動で仮想通貨に買う方法があります。

安くなった時に仮想通貨を買い増す方法

安くなった時に仮想通貨を買い増すの方法は、株式投資などでも鉄板でオススメの方法です。

この方法を行うには、給料日の後にすぐ仮想通貨を買うなどをせずに、ある程度の投資余力を残しておくことが重要です!

毎月決まった額を自動で仮想通貨に買える方法

これは、自動の積立投資に対応した取引所を利用して、毎月勝手に積立投資をする方法ですね。

チャート・相場の上げ下げを気にするのがめんどくさいという人にオススメの方法です。

ですが、株と違って1ヶ月の中でも値動きの変動が大きいのでできれば、自分でチェックして安くなった時に買うことをオススメします。

自動での積立投資には『ザイフ(Zaif)』という国内人気の高い仮想通貨取引所が対応しています。

メリット

  • 比較的リスクが低い

デメリット

  • 大きく稼ぐのには向いていない

5. レバレッジ取引:下げ相場でも利益を狙える

いわゆるFXと言われる取引です。

倍率25倍などのレバレッジをかけて行う取引です。

細かく分類すれば『FX取引・先物取引・信用取引』の3つに分かれますが、仕組みとしては大きくは変わらないのでここではレバレッジ取引としてまとめます。

FX取引の基礎知識ややり方については以下の記事でまとめていますので参考にしてください。

仮想通貨FX・ビットコインFXのやり方は?初心者のために始め方を解説

メリット

  • 短期間で大きな利益を狙える
  • 下がり相場の時でも利益を狙える

デメリット

  • 短期間で大きな損失を被る可能性がある

まとめ

以上、仮想通貨投資の主な5つの方法についてまとめました。

初心者の方には、

  1. 少額で短期トレードをこない、仮想通貨の知識・経験を積む
  2. 得た知識・経験をもとに仮想通貨を選び、長期ホールドを行う

という方法をオススメします。

短期トレードを行う場合は、13種類の仮想通貨を取り扱っている仮想通貨取引所『コインチェック』の利用がオススメです、UIも使いやすいので、初めての仮想通貨投資のための取引所にはぴったりです。

仮想通貨・ビットコイン取引所おすすめ人気ランキングTOP13【国内】