仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

仮想通貨『Jコイン』とは?MUFGコインと合流する可能性も

Jコイン

2017年9月に、みずほ銀行やゆうちょと多くの地方銀行が連合して、円と等価交換できる仮想通貨『Jコイン』の発行に向けて動いていることが発表されました。

今後は三菱UFJなどとの協力も構想にあるとしています。

そんな『Jコイン』なのですが、大切なのは、どういう目的・役割のために作るのか、メリットはなんなのかといったところですね。

日本の銀行が連合して発行する予定の『Jコイン』について、詳しくまとめました。

Jコインとは?

Jコイン』とは日本の銀行連合が発想した仮想通貨で、ビットコインのような価格の変動がなく、日本円と等価交換ができる仮想通貨です。

つまり、円の価値と完全に連動する仮想通貨ということですね。

いつ発行開始するかについてですが、時期としてはオリンピックイヤー、2020年までの発行・実用化を目指しています。

電子マネーとは何が違うの?

日本円と価格が完全に連動する、つまりそれ『円』が形を変えただけですよね。

円が形を変えたものとしては、すでにSUICAやnanacoなどの電子マネーがあります。

電子マネーはあらかじめお金をチャージしておけば、クレジットカードなどと違って銀行を介さないので、簡単で手数料などがお得です。

基本的な機能としては、『Jコイン』は電子マネーとは変わりません。

円と価値が完全に連動するので、あらかじめ現金を『Jコイン』に変えておくことで、電子マネーと同じ感覚で使えます

ブロックチェーンの仕組みを使っていることが強み

ブロックチェーンの強みは、セキュリティの強固さや送金コストが低いことなどです。

これは電子マネーにも言えることですが、現金との違いに関しても利用者の購入や送金の履歴が残る、スマホで決済できるなどのメリットもあります。

つまり、『Jコイン』は電子マネーとブロックチェーンの良いとこどりを目指した仮想通貨として開発されているのです。

ビットコインなどの仮想通貨とは目的が違う

ビットコインなどを含めた、仮想通貨の多くは、日本円やドル、ユーロなど既存の法定通貨を置き換えるものとして期待されています。

国の通貨発行権などに縛られない自由な通貨として期待されているわけです。

一方で、このまま仮想通貨が普及したとしても、既存の法定通貨自体が消滅するという可能性は極めて低いです。

仮想通貨と法定通貨は共存していくというのが多くの人の見方です。

つまり、『Jコイン』は既存の法定通貨を置き換えるものではなく、ブロックチェーンの良いところだけを活用し、日本円をより便利に使えるようにするのが目的です。

リップルに似ている?

また、銀行間取引での使用を想定されているリップル(XRP)などとの違いとしては、リップルが国際間銀行取引を低コスト・高速化を目指しているのに対し、『Jコイン』は日本の銀行間のみでの使用を想定されているのが違いです。

リップルにない強みとしては、銀行が運営している、日本円と連動している信頼性・安定性ですね。

ripple image 160x160 - 仮想通貨『Jコイン』とは?MUFGコインと合流する可能性も
リップルコイン(XRP)の買い方・購入方法・オススメの取引所

仮想通貨への不信感をなくすきっかけになるかも

日本人の心理を考えても、やはりバックに大手銀行が付いていることは信頼性の面で抜群ですし、「仮想通貨は怖い」と感じる層にとっても受け入れやすいのではないでしょうか。

減ってはいるもののまだまだ仮想通貨に不信感を持つ日本人は多いです。日本人の仮想通貨に対する心理的障壁をなくすきっかけの1つになるかもしれませんね。

『Jコイン』専用口座間での個人間の送金は手数料無料

ユーザーのメリットとしては、個人間送金は手数料無料というのが大きなメリットになります。

クレジットカードの場合、は支払う側・支払われる側のどちらかが手数料を負担する必要がありますので、普及のための大きな強みと言えるでしょう。

手数料無料にすることは可能なの?

ブロックチェーンの仕組みを使うことで、人件費の削減など、手数料自体下げやすくなりますが、送金コストはゼロではありませんので、手数料無料にすると赤字になってしまうように思えます。

ですが、先ほど述べたように銀行には日本中の利用者の購入・送金履歴のビッグデータが残りますので、これは銀行にとって手数料以上に重要な対価になるということです。

日本政府としても、海外企業などに先を越されて同じようなシステムの仮想通貨を作られ、日本のビックデータが海外企業に流れるのは避けたいはずですので、協力することになるでしょう。

三菱UFJの仮想通貨『MUFGコイン』と被るのでは?

現在は参加銀行としてみずほグループ、ゆうちょ、日本各地の地銀が協力して発行を目指している『Jコイン』ですが、将来的には三菱UFJグループなどのメガバンクも合流を予定・検討しています。

ですが、三菱UFJは2018年中には仮想通貨取引所を開設し、その後は日本円と連動する仮想通貨『MUFGコイン』を発行開始する予定です。

Jコインに三菱UFJも合流したら、三菱UFJが発行を目指している仮想通貨『MUFGコイン』はどうなるのでしょうか?

関連記事三菱UFJが取引所を開設して仮想通貨MUFGコインを発行!メリットは?

三菱UFJの仮想通貨『MUFGコイン』との違いは?

三菱UFJグループが発行を目指している仮想通貨『MUFGコイン』、これもまた1コイン=1円で円とほぼ連動する仮想通貨です。

つまり、『MUFGコイン』の機能・目的は『Jコイン』とかなり近いものになります。

『Jコイン』と『MUFGコイン』が差別化できるかは微妙なところ

三菱UFJ幹部の亀沢氏はJコインに対して、「いまあるコインをどう使うか、相談させていただきたい」と述べています。

正直、同じ機能を持った仮想通貨が複数あっても、あまり意味はないように思えます。

『SUICA』『PASMO』『ICOCA』など、交通系ICカードが無駄に乱立してしまったのと同じ状況になってしまう可能性がありません。

ただ、先ほどの亀山氏は過去に「MUFGという冠にこだわる必要はない」とも述べていますので、最終的にはJコイン統合される可能性もなくはないでしょう。

MUFGコインについてまとめた別記事もあるので、MUFGコインについてさらに詳しく知りたい方はそちらもご覧ください。

829 e1452040551279 160x160 - 仮想通貨『Jコイン』とは?MUFGコインと合流する可能性も
三菱UFJが取引所を開設して仮想通貨MUFGコインを発行!メリットは?

まとめ

みずほ銀行やゆうちょと多くの地方銀行が連合して2020年までの発行を目指している、円と等価交換できる仮想通貨『Jコイン』の情報・予測についてまとめました。

仮想通貨にはこれから色々な使い道が出てくると思いますので、日本としてもしっかり活用して欲しいですね!