仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

モネロ(Monero/XMR)の今後の将来性は?2018年の値動きは規制次第

Monero 1024x480 - モネロ(Monero/XMR)の今後の将来性は?2018年の値動きは規制次第

モネロ(Monero)は、XMRで表記され、2014年4月に誕生した仮想通貨です。

発行量の上限は1840万XMRと比較的少なく、生まれてから4年で、つまり2018年4月には86%のXMRが発掘予定です。

コインチェックで取り扱っている全銘柄に言えますが、2017年に大きく価格上昇した仮想通貨の一つですね。

モネロの強みや今後の将来性などについての考えをまとめていきます。

モネロの強みとは?

モネロ(Monero)には、主に3つの強みがあります。

  1. 強力な匿名性
  2. 2分での高速取引が可能(ビットコインは10分)
  3. マイニングがしやすい

モネロの一番の強みは、強力な匿名性です。

モネロは、誰がどれくらい送金したかが外部からは分からないようになっています。

モネロは取引履歴が追跡不可

仮想通貨は取引履歴が全て残ります。そして、ビットコインなども含め多くのコインはその取引履歴を誰もが追跡することができます。

ですが、モネロは送金する際にワンタイムアドレスが発行され、一定時間が経つとアドレスは変更される仕様になっています。

そのため、誰が誰にどれくらい送金したのかといった取引履歴を他人が追跡することができません。

国家ですら追跡はできない

もちろんそれは国家も同じですから、税金などを取るのが難しくなります。

また、マネーロンダリングに使われたり、非合法な取引が行われた場合なども追跡することができません。

今後、分散型の取引所が普及していくと、取引時の取引履歴すら国家は追跡が難しくなります。

モネロの強みは長所でもあり、短所

国家からの規制を受けやすいというのが、特目性の高い通貨の弱みです。

つまり、モネロの匿名性は大きな強みでもあり、弱みとも言える部分でもあります。

日本で取り扱っているのがコインチェックだけの理由

実は、コインチェックは日本の金融庁から正式に仮想通貨取引所として認可されていません。(現在申請中)

ビットフライヤー、ザイフ、GMOコイン、DMMビットコインなどは認可を受けています。

コインチェックの認可が遅れている理由の一つが、モネロなどの匿名性の高い通貨を取り扱っているからと予想されています。

各国の規制次第で値動きが変わってくる

もしも、各国が今後匿名性の高い通貨に対する規制を行ったりすれば、間違いなくモネロの価値は下がるでしょう。

ですが、モネロの現在価格はそのリスクを起こりんだ上での価格になっています。

つまり、日本の金融庁を含め、各国が規制をしない方向に流れれば、現在価格より上昇するでしょう。

韓国は仮想通貨の規制を断念

2018年1月に韓国は仮想通貨取引所の規制を行おうとしましたが、若者の猛烈な反発を受け断念。

取引所登録の本人認証を法制化するに留まりました。(日本では2017年4月から法制化されてます)

ブロックチェーンに国境は関係ありません。国家が規制するのはインターネットを規制するのと同じくらい難しいです。

私は、長期的には規制は不可能に近いと思っています。インターネットより難しいのではないか、と思います。

短期的には下落の可能性もあり

これは仮想通貨全体に言えることですが、短期的には規制の検討、実施などによって価格が下がる可能性はあります(2018年1月現在がその状況ですね)ので、仮想通貨を短期的な投機の対象として考えている人は注意してください。

ですから、「2018年に値上がるか?」というと、それは各国の規制次第と言ったところなのですが、中長期的にみればその規制をはねのけると思っています。

モネロの将来的な用途は?

非合法な取引での使用が不安視されているモネロですが、決してそのためだけに使われるものではありません。

現在、予想されているのはカジノなどでの使用です。

セキュリティやプライバシーの保護の点において、モネロは非常に優れているからです。

取引の早さも強み

モネロの取引処理速度は2分と、ビットコインと5倍の早さです。(ビットコインは10分に1度)

また、1度に取引処理できる量についても、ビットコインは1MBですが、モネロは制限がありません。

そのため、取引回数が多くなることが想定されるカジノなどでの使用にうってつけということです。

まとめ

今のような投資対象として話題になる前から仮想通貨を支持していた人たちは、国家などへの信頼が低い人たちが中心でした。

今の時代、そういった人たちは少なくありません。

日本でも、特に仮想通貨投資している人たちは、税金をむしり取ってくる日本政府に反感を持つ人も増えたかもしれませんね。

プライバシーを重視する人たちにとって、モネロのような匿名通貨は非常に価値が高い仮想通貨です。

その価値を理解する人たちが増えてくれば、匿名性の高い通貨の価値は上がっていくでしょう。

現在、モネロ(XMR)を購入できる国内取引所は、コインチェック(CoinCheck)のみです。

関連記事コインチェック(Coincheck)の登録・口座開設方法・使い方