仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

楽天コインとは?楽天市場で利用可能な楽天独自の仮想通貨を発行予定

rakuten 1024x538 - 楽天コインとは?楽天市場で利用可能な楽天独自の仮想通貨を発行予定

楽天市場はビットコイン決済対応もまだ検討中という状態ですが、ブロックチェーン技術にはかなり大きな関心を示しているようです。

楽天の三木谷浩史社長は2018年2月27日に、スペインのバルセロナで開催された「モバイルワールドコングレス」での講演で、楽天独自の仮想通貨『楽天コイン』を発行する構想を発表しています。

この記事では、楽天コインはどんなものになる予定なのか?といったことをまとめます。

楽天コイン構想の目的は?

三木谷社長は、楽天コイン構想について、こう説明しています。

「楽天コイン構想のコンセプトは、小売業者と卸売業者のネットワークを再構築することです。私たちは、業者と顧客が切り離されずに商売ができる仕組みを提供したいと思っています。

そして、楽天コイン構想の推進によって、社会により多くの利便性と、活力を与えたいというのが、私たちの哲学です」

具体的にどういうメリットが?

構想だけだと、具体的にどういうメリットがあるのかわかりませんね。

まだサービスの開始時期や詳細は明らかにされていませんが、楽天スーパーポイントをより魅力的にしたものになるようです。

楽天スーパーポイントがより便利に!

現在想定されているメリットとしては以下のようなメリットが挙げられます。

  • 楽天ポイントが海外でも利用できるようになる!
  • 楽天で商品を購入すると、よりお得になる仕組みを構築できる

現在、楽天ポイントは海外では利用できません。

ですが、仮想通貨に国境は関係ないので、楽天コインなら海外でも利用可能です。

これは、楽天市場で商品を販売する業者の海外展開はもちろん、海外の商品を買いたい消費者にも大きなメリットになります。

それ以外にも、楽天内で使えるポイントでしかない楽天スーパーポイントと違い、楽天コインはコイン自体が価値を持てば、楽天以外での決済手段としても使えるようになる可能性があります。

また、楽天コインがより使われるようになればなるほど、その分楽天コインの信頼度が高まり、楽天コインの価値が上がります。

楽天コインの利用を促進させるために、『楽天コインを積極的に使用すると値引き率が上がる』などといったサービスもできるかもしれないですね。

1年半ほど前に『楽天ブロックチェーン・ラボ』を設立

楽天は、2016年8月に、『楽天ブロックチェーン・ラボ』を設立しています。

このラボは、仮想通貨・ブロックチェーン技術に特化した研究開発組織です。

具体的な動きはありませんでしたが、仮想通貨やブロックチェーンにはかなり前から興味を示し、活用の可能性を探っていましたので、「仮想通貨がブームだから」という理由だけで楽天コインを構想したわけではないには間違いないでしょう。

ビットコイン決済への対応、楽天コインのICOだけでなく、仮想通貨取引所の運営なども検討しているかもしれませんね

オンラインショップの仮想通貨・ブロックチェーンの活用は楽しみ!

メルカリやAmazon、中国Alibabaなどのその他のオンライン小売業者も、仮想通貨・ブロックチェーンに興味を示しており、各社どういう活用をしてくるか楽しみです。

ビットコイン決済だけで満足してるようだと、遅れを取るでしょう。

海外のものを購入する敷居は、今後間違いなく低くなっていくでしょうね!