仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

SBIが2018年度中にICOでトークンを発行!今後の将来性はあるのか

stock exchange 738671 1280 1024x685 - SBIが2018年度中にICOでトークンを発行!今後の将来性はあるのか

SBIは、2018年度中にICOを実施し、独自のトークン(仮想通貨)を発行予定であることは発表しています。

規模としては500億円ほどを調達予定で、実際に行われた場合は国内最大級、世界的にもかなり大規模なICOとなります。

ICOは詐欺的なICOが問題となることも多いのですが、SBIの北尾社長は「模範的なICO」を作っていくと語っています。

SBIが発行予定のトークンとは?

SBIは2018年春に仮想通貨取引所『SBIバーチャルカレンシーズ』を開設予定です。

そして、それだけでなく、SBIは2種類のトークンを2018年度に発行予定です。

以下の2種類です。

  • サービスに裏付けられたトークン
  • 資産に裏付けられたトークン

サービスに裏付けられたトークン(Service-backed token)

このトークンは、SBIの仮想通貨関連子会社SBIクリプトカレンシーが運営するサービスをお得に利用できるようになるトークンです。

SBIの仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズにも含まれます。

手数料無料で利用できたり、好条件で利用できるようになる予定とのことです。

資産に裏付けられたトークン(Asset-backed token)

知的財産や、企業の資産を裏付けとしたトークンです。

対象企業が持ち分売却により利益を得た場合などは、トークンの保有量に応じて売却益の一部を分配することも検討するとのことです。

取り扱う取引所は?

ICOによって発行されるトークンは、まずはSBIの仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズで取り扱い予定とのことです。

その後、その他の取引所でも取り扱われるのていくのかはまだ分かりません。

SBIバーチャル・カレンシーズの登録・口座開設方法・使い方

今後の将来性はあるの?

気になるのは将来性が期待できるのかどうかですよね。

まだまだ情報が少なすぎるので技術的なことだったり、細かいことは考慮できないですが、私は結構期待しています。

特に、『資産に裏付けられたトークン』の方ですね。

トークンが証券の代わりに

『資産に裏付けられたトークン』は、難しく聞こえますが、いわば証券、株式みたいなものです。

今後、株式上場より気軽な資金調達方法として、企業によるICOがどんどん行われていくようになっていくのはほぼ確実です。

とは言え、ちゃんとしたICOを行うのにはまだまだ手間がかかります。

法的なことで言えば仮想通貨交換業者への登録が原則必要だったり、技術的なこともまだまだ発展途上の段階です。

そのICOをサポートするのが、このトークンです。

SBIのトークンが企業のICOを手助け

SBIのトークンでは、企業がSBIのトークンを利用してICOすることになります。

そうすることで、1から新しいトークンを発行するより、企業は法的な面や技術的な面でICOがかなりしやすくするということですね。

今でもイーサリアムベースのICOなどが多数ありますが、SBIのトークンは企業のICOサポートに特化した仮想通貨になるでしょう。

SBIのトークンでしか買えないICO案件が多数出てくるはずです。

COMSAと何が違うの?

同じような機能を持ったブロックチェーンとして、すでに日本にはZaif(ザイフ)で取り扱っている『COMSA(コムサ)』というトークンがあります。

まだSBIが発行するトークンについて技術的な面などは発表されていないので、明確にどこどこが違うとは言えません。

ですが、『COMSA』には日本初のICOプラットフォームという強みはありますが、SBIにはSBIのブランドが大きな強みになるでしょう。

SBIというブランド

すでに、『SBI証券』という日本で最もユーザー数の多いネット証券会社を抱えています。

信頼度であったり、企業とのコネクションであったり、資本の大きさだったりは、COMSAとは比較になりません。

これは大きな強み、差別化になるでしょう。

COMSAにも期待しています

SBIのトークンにも期待していますが、COMSAにも期待しています。

特に今年は、COMSAを利用したICOがいくつか行われるはずですので、そのICOが成功していけばCOMSAの価値も上がりますし、COMSAの信頼性も上がります。

数年後には、『2018年の実績の少ないCOMSAはすごい割安だった』となっている場合もあると思います。

SBIのトークンとCOMSAが共存する可能性は十分にありますからね。

COMSAは『Zaif』で購入可能です。

Zaifの公式サイトはこちら

今年はSBIの動きに要注目!

2018年より、本格的にSBIが仮想通貨事業に乗り出します。

かなり力を入れていることは間違いないので、一気に日本の仮想通貨業界の主役になるかもしれません。

まずは仮想通貨取引所『SBIバーチャルカレンシーズ』の開設から始まり、独自トークンのICOがうまくいくのかどうか、今後に要注目です!

取引所SBIバーチャルカレンシーズの悪い評判・デメリット中心のまとめ

SBIバーチャル・カレンシーズの登録・口座開設方法・使い方