仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

SBIバーチャルカレンシーズの取り扱い通貨リップル(XRP)を購入

SBIのVCTRADE(VCトレード)

2018年春に、SBIの仮想通貨取引所SBIバーチャルカレンシーズ(SBI VC)が開設予定です。

特に期待しているのは、リップルを購入しようと思っている人たちでしょう。

SBIバーチャルカレンシーズは、リップルを日本円で直接購入できる日本唯一の取引所になります。

SBIバーチャルカレンシーズでのリップル購入について、最新情報をまとめました。

リップルと強い関係性を持つSBI

まずは、公式サイトへのリンクを貼っておきます。

SBI バーチャルカレンシーズの公式サイトへ

SBIはもともとリップルの将来性に期待していて、リップル社に出資をするなどの強いつながりを持っています。

SBIバーチャルカレンシーズの開設発表時も、リップルを取り扱うことはほぼ決定事項の扱いでした。

2018年1月には、リップルを日本円(JPY)とのフィアット建て(法定通貨建て)で購入可能にすることを発表しています。

現在、リップルを購入できる日本の取引所は?

現在、日本でリップルを取り扱っている仮想通貨取引所は『コインチェック』、『GMOコイン』『ビットバンク』のみです。

多くの人は今までリップル購入にコインチェックを利用していましたが、周知のようにコインチェックはセキュリティや事業の継続性などに不安があります。

そして、GMOコインは購入手数料が10パーセント前後になることもあるほど高く、ビットバンクは利用者が少ないといった問題を抱えています。

現在の状況で購入するのであれば私はビットバンクをオススメしていますが、SBIバーチャルカレンシーズがリップル購入で最も使いやすい取引所になる事を期待しています。

関連記事ビットバンク(bitbank.cc)の評判・登録方法!リップルの手数料が安い取引所

SBIVCが日本円と交換できる唯一の取引所に

先ほど紹介した取引所は、すべてビットコイン建てでのリップル購入になります。

つまり、日本円を一度ビットコインに変えてからリップルを購入するため、手間、手数料などのコストが高くなります。

SBIバーチャルカレンシーズでは日本円で直接購入可能で、JPYとのフィアット建てでXRPを即座に購入することができます。

これはSBIがリップルと強いコネクションを持っているため、取引所システムの開発などで協力できることが影響しているでしょう。

手数料を安くできるため、リップルを最も安く購入できる取引所になってくれることを期待しています。

XRP基軸の取引所ではありません!

勘違いしないように言っておくと、SBIバーチャルカレンシーズはXRP基軸の取引所ではありません。

つまり、XRP建てでビットコインを購入したりするわけではありません。

『他の取引所と違い、ビットコインを経由しなくても日本円で直接リップル(XRP)が購入できる』というだけです。

SBIバーチャルカレンシーズの手数料・スプレッドは高い?安い?

SBIバーチャルカレンシーズのユーザー数増加で、リップル(XRP)の価値上昇?

リップル社は、世界の金融機関が、低コストで素早く国際間送金できるシステム『xRapid』を開発しています。

そして、そのシステムに使われる予定の通貨が『XRP』です。

つまり、そのシステムの普及が進むと同時に、『XRP』の価値は上昇していきます。

SBIバーチャルカレンシーズは、『xRapid』をシステムに組み込むことが予定されています。

ですから、SBIバーチャルカレンシーズが仮想通貨取引所としてユーザー数が増えていけば、『XRP』の価値上昇につながる可能性も高いです。

日本の取引所はまだ発展途上

現在の仮想通貨取引所は、まだまだセキュリティや信頼性の面で不安な部分も少なくありません。

実際、当時ユーザー数1位だったコインチェックのハッキング問題も起きました。

GMO、DMMといった大企業が取引所も開設していますが、使い勝手や取り扱い通貨などの面が微妙で、いまいち人気を得ていません。

関連記事GMOコインの登録・口座開設方法・本人確認・使い方

関連記事DMM bitcoin(DMMビットコイン)の登録・口座開設方法・使い方

SBIは、『SBIネット銀行』や『SBI証券』などで非常に信頼性・人気が高く、セキュリティ的な信頼性の面では随一です。

SBI VC日本の代表的な取引所になる可能性も

使い勝手の面はこれから判断していくことになりますが、仮想通貨・ブロックチェーンの技術に関してはかなり前から強い興味を示しており、本気で取り組んでいることが予想されます。

そのため、『SBIバーチャルカレンシーズ』には、日本の代表的な仮想通貨取引所になることを期待されています。

もし、SBIバーチャルカレンシーズが期待通りの取引所になれれば、リップル、そして日本の仮想通貨業界をさらに盛り上げる、そして信頼性の高いものにできるでしょう。

SBIバーチャルカレンシーズとリップルに期待

SBIバーチャルカレンシーズは、2018年春に開設予定です。

最新情報は、公式サイトをご確認ください!

SBI バーチャルカレンシーズの公式サイトへ

関連記事

取引所SBIバーチャルカレンシーズの悪い評判・デメリット中心のまとめ

SBIバーチャル・カレンシーズの登録・口座開設方法・使い方