仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

仮想通貨とは?仕組みやリスクなどを簡単にわかりやすく説明

pizza 2802332 1920 1024x683 - 仮想通貨とは?仕組みやリスクなどを簡単にわかりやすく説明

『仮想通貨』に対して、怪しいイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ちゃんとした情報を知っていれば、怪しいものでは無いことがわかります。

この記事では、「仮想通貨(暗号通貨)とはどういうものか」「仮想通貨と法定通貨(ドル・円など)との違いとは」といった基本的なことをまとめました。

初心者の方でもわかりやすいように解説しましたので、まずはこれを読んで仮想通貨の全体像を捉えるようにしてください。

仮想通貨とは?

『仮想通貨』は『暗号通貨』とも呼ばれています、意味は同じです。

日本では仮想通貨と呼ばれることが多いですが、世界的には『暗号通貨(Crypto Currency)』と呼ぶのが一般的です。

『仮想通貨』という名前が怪しいイメージ、バーチャルなイメージを想起させることもあり、日本でも暗号通貨と呼ぶべきとの声も多いです。

同じものでも、仮想の通貨と、暗号化された通貨では伝わるイメージが違いますよね。

ビットコインとアルトコインの違いとは

最も有名で、最も大きなシェアを持つのはビットコイン(BitCoin)です。

ビットコインとは、仮想通貨の基軸通貨とも呼ばれており、法定通貨でいうとアメリカのドルのようなものと考えています。

1ビットコインは1btcと表記されます。

世の中には、円やユーロ、ポンド、はたまたジイバブエドルなどの信頼性の低い通貨も含めてたくさんの法定通貨があるように、仮想通貨も数百、数千種類あります。

ビットコイン以外の仮想通貨を総称してアルトコイン(AltCoin)と呼びます。

ちなビットコインの次に大きなシェアを持つアルトコインとして、『イーサリアム』、『リップル』などがあります。

通貨の価格は需要と供給で決まる

ドルや円など、法定通貨の価値は需要と供給で決まります。

日本円を欲しがる人が増えれば増えるほど、日本円の世界的な価値は上がりますし、日本円の信用がなくなって欲しがる人が減れば日本円の価値は下がります。

また、日銀が貨幣を造る量を減らして供給を絞れば日本円の価値が上がりますし、逆に供給を増やせば日本円の価値は下がります。

そして、需要と供給で価値が決まるのは、ビットコインなどの仮想通貨も同じです。

通貨の需要は信頼で決まる

法定通貨の需要は国家への信頼で決まります。

通貨の価値を決める上で最も重要なものと言えるのが『信頼』です。

ドルは世界で最も信頼されているから最も価値が高く、円やユーロも信頼されているので需要があります。

逆に、ジンバブエドルやペソは信頼が低いから、需要が少ないのです。

そして、法定通貨の信頼の基準となるのは、その国家への信頼です。

アメリカの国力は世界でも圧倒的で信頼は揺るぎないので、ドルは世界で最も信頼されている基軸通貨なのです。

ですが、仮想通貨は、どこかの国が発行しているわけではありませんから、信頼の基準となるのは国家への信頼ではありません、その通貨自体が信頼できるかどうかです。

ビットコインの供給は決まっている

法定通貨と、ビットコインが決定的に違う点があります。

それは、ビットコインの最大供給量はすでに決まっているということです。

ビットコインの最大供給量(発行上限枚数)は2100万btcです。(現在1630万btcが発行済みで、2040年には上限の2100btcに達する予定です)

法定通貨は極端に価値が上下しないように供給がコントロールされていますが、ビットコインはすでに供給の上限が決まっており、そのため需要が増えれば増えるほど価値が上昇していくのです。

かなりのビットコインがすでに発行済みで、ビットコインの新規発行数は年々減っていくので、もし需要がこのままのペースで上がれば、価値はさらに上昇していくことになります。

仮想通貨によって、供給量は違う

仮想通貨ごとに最大供給量は違います。

最大供給量の上限がないアルトコインもあります。

ただ、供給量の上限がないから価値が上がらないというのもまた違います。

仮想通貨は法定通貨のように簡単に発行できず、採掘する必要があるので、簡単には供給量を増やせません。

例えばダイヤモンドは需要は多いにありますし、今も常に採掘さていますが、とても高額なままですよね。

アルトコイン自体の需要が上昇し、供給が追いつかなかれば、アルトコインの価値は上がっていきます。

世界で初めての取引は1万ビットコインでピザ2枚

世界で初めての取引は、1万btcでピザ2枚でした。

1万btcは今(2017年12月)の価値でいうと、150億〜200億円です。

ピザ1枚につき100億弱なわけですが、当時のピザ屋さんはピザを無償で渡すような気持ちでビットコインと交換したのではないでしょうか。

100億円を捨てたイギリス人

2009年に、当時500円ほどで7500btcを買って、自分のPCに保存していたイギリス人がいました。

今の価値でいうと、100億円ほどですね。

ですが、当時はビットコインの価値がこれほど上昇するなんて思ってもおらず、気づいた時には自分のPCごと廃棄していたことに気づきました。

ごみ収集所などにもいきましたが、当然見つからず、100億円を捨てた男として歴史に名を残しています。

これらの話は、ビットコイン詐欺で使われる常套手段なので気をつけてください

と、夢のあるような無いような話をしましたが、数百円が数億円になったというこれらの話で夢を持たせ、金を集めるのは、ビットコイン詐欺などでよく使われる手段でもあるので気をつけてください。

もちろんこの話自体は本当の話ですし、アルトコインが1年で数十倍、数百倍になったというのは、2017年にも実際にいくつかありましたので、未だ夢のある世界というのは事実です。

ちなみに、ビットコインは2017年だけの1年で10倍ほどの価値になっています。

まずは取引所に口座を開設し、少額から仮想通貨(とりあえずビットコイン)に投資することをオススメします。

最低限の知識が自然につくので、変な話に騙される可能性を大幅に下げることができます。