仮想通貨取引所ランキングTOP5(おすすめ出来ない点もまとめ)

リップル(XRP)の今後の将来性は?2018年,2020年にはどうなる

ripple image - リップル(XRP)の今後の将来性は?2018年,2020年にはどうなる

アルトコインとしてトップクラスの知名度・人気を誇るのが『リップル(XRP)』です。

その将来性に期待している人は多く、2017年には大幅な値上がりを達成しました。

そして、2018年以降はどうなっていくのか、リップルの今後に関する考えについてまとめました。

リップル(XRP)とは?

リップルの将来性の前に、リップルの特徴について簡単にまとめます。

リップルは、銀行の国際間送金の手数料の大幅削減・高速化システムを開発するベンチャー企業で、XRPはそのリップルが発行する通貨の名称です。

その他の仮想通貨と違うところは、リップルという発行母体がある中央集権的な通貨であり、かつ銀行などの既存の権力構造で使われることを想定されていることです。

リップルの用途は、初期のビットコイン支持層の思想とは相反するものでもあり、それが批判の的となることも多いです。

ただ一方で、熱烈な支持者も多く、特に日本のSNSではリップルコミュニティは非常に大きいです。

熱烈な支持者が多い理由は、リップルが持つ大きな可能性にあります。

リップル購入可能な取引所はこちら

リップルコイン(XRP)の買い方・購入方法・オススメの取引所

リップルが目指すのは『価値のインターネット』

リップルは、国際間送金の手数料の大幅削減・高速化を進めることで、インターネットを通してマイクロペイメント(少額送金)を手軽にできるようにすることを目指しています。

これによって、リップル社は『価値のインターネット(IoV:Internet of Value)』の実現を目指しています。

人々のコミュニケーションがどんどん手軽になっていくように

例えば、インターネットによって手紙がEメールになって手軽にコミュニケーションできるようになりました。

そして、いまではSNSやLINEなどでさらに手軽にコミュニケーションが可能になっています。

いまでは、文字だけでなく、写真、動画などもどんどん手軽にやり取りできるようになっていますね。

仮想通貨が普及していくと、こういったイノベーションが金融の分野で起こります。

仮想通貨がその他のデータと違うのは、

それこそが、リップルが目指す『価値のインターネット』が起こすイノベーションです。

いつでも・どこでも簡単に送金・支払いできる

リップルは送金の無料化を目指しています。さらに、送金速度は4秒です。相手が海外にいる人・企業でも同じです。

コミュニケーションが手軽になったことで、人々のコミュニケーションの量は大幅に増えましたね。

リアルでのコミュニケーションが減ったというデメリットはありますが、送金や支払いの場合は別にリアルでもネットでも関係ありません。

送金の手軽さが増すことで、資金の移動は活発になるでしょう。それはつまり、経済が非常に活性化することでもあります。

『いいね!』がXRPに?

例えば、今はSNSの『いいね!』はただの数値でしかありません。

ですが『IoV』が実現すれば、、『いいね』!をする感覚でマイクロペイメントできるようになるでしょう。

今までは経済に乗らなかった『価値』は、経済に乗せることができます。

例えば、今はインフルエンサーは目立ったもの勝ちなところがありますが、価値のインターネットが実現すれば、社会貢献を企画したり、本当に面白い・役に立つコンテンツ作りに専念した方が金銭的な対価を得られるかもしれません。

リップルが価値のインターネットを実現するかどうかはわからない

ここまで読んで思った方もいるかもしれません。

「価値のインターネットの素晴らしさはわかったけど、それを実現するのがリップルとは限らないんじゃないの?」ということです。

その通りです。

価値のインターネットはリップルが起こすイノベーションではなく、ブロックチェーン・仮想通貨が起こすイノベーションです。

2017年だけでも、ライター、ミュージシャン、コスプレイヤー、写真家などへのマイクロペイメント向け通貨のICOはいくつか行われました。これらの通貨は価値のインターネット的な通貨と言えます。

リップルのアドバンテージは大きい

リップルが価値のインターネットを実現するかどうかはわかりません。

ですが、大きなアドバンテージがあることは確かです。

リップルは2015年から価値のインターネット実現に向けて動いており、すでに数十以上の銀行がリップルのシステム導入に動いています。

また、すでに大きな知名度・人気があり、時価総額もビットコインを脅かすレベルに達しています。これは、リップル社が今後成長する上で大きな助けとなるはずです。

リップルの今後は、価値のインターネットを実現できるかどうかにかかっている

リップルの今後は、目標通りの価値のインターネットを実現できるかどうかにかかっていると言えます。

XRPが実際に価値の流通に使われれば、XRPの価値も上がります。

2018年は大きな値下がりはないと予想しています

仮装通貨市場は現在はまだ発展途上の段階ですが、だからこそしばらくは大きな値下がりはないと考えています。

仮想通貨が発展してきた2020年にはリップルを脅かす通貨が出ているかもしれませんが、2018年中に、すでに3年近いアドバンテージを持つリップルを脅かす通貨が現れる可能性は低いと考えているからです。

2020年になってもリップルが今の立ち位置で維持できていたら、その頃にはかなり高騰しているでしょうね。

リップル購入可能な取引所はこちら

リップルコイン(XRP)の買い方・購入方法・オススメの取引所